デジタルコンテンツ の多言語展開における課題と解

決のためのテクノロジーソリューション

12月16日(水)

12:00-13:00

TransPerfect Japan

セッションの概要

日本国内のマーケットが縮小化するなか、グローバルでの売上増にはWebサイトやアプリを始めとしたデジタルコンテンツの多言語展開は必須となっています。しかし、デジタルコンテンツの多言語展開には様々な課題があり、思い描いたグローバル展開が出来ない、もしくは膨れ上がる費用や作業量に対応しきれずにプロジェクトが途中で頓挫する、といったケースも多々あります。こういった課題の解決に向けて、どのようなテクノロジーが有効か、またテクノロジーがどのようにしてコンテンツの多言語展開を効率化してくれるのか、実際の事例を交えて紹介いたします。

アジェンダ

  • DXの重要性が高まる中、なぜデジタルコンテンツの多言語展開が必要なのか

  • デジタルコンテンツの多言語展開に内在する課題とは

  • 最新の翻訳管理システム(TMS)による翻訳資産の有効活用と、デジタルコンテンツ翻訳業務管理の効率化

  • OneLink and Applanga – Webサイトやアプリのローカリゼーションにに特化したテクノロジーソリューション

 

スピーカー

小杉 弘樹

Hiroki Kosugi

営業開発部 ディレクター

2010年にトランスパーフェクトに入社し営業担当として日本法人の立ち上げに携わった後、翻訳・ローカリゼーションの法人新規開拓営業を担当。現在は主に日本のマーケットにおけるGlobalLink製品の営業に従事している。